? とても貴重なプロポリスの抽出法
プロポリスイメージ

とても貴重なプロポリスの抽出法

プロポリスはどのように作られるのでしょうか。
同じミツバチ由来の健康食品でも、ハチミツやローヤルゼリーのように巣から採取してそのまま使うわけではありません。
何しろ一つの巣から採れるプロポリスは微量ですから、少しでも採取しようとして効率的な抽出法が一応は確立されています。
「アルコール」「水」「グリセリン」いずれかを使い、一番ポピュラーなのはアルコールを使った抽出法ですが、味にクセが出るので、一般的には水やグリセリンを使って抽出した方が飲みやすいとは言われる一方、飲みやすさと引き換えに成分の多くが失われているという意見もあり、評価は一定していません。
アルコールで抽出したものの中でも、長期に渡ってアルコールに漬け込んで熟成をうたった商品もありますが、効能に影響するかどうかは現在確認されておらず、単にアルコールそのものが持っている減菌の力を合わせて使え、保存が効くものと考えた方が良いですね。
アルコールによる抽出が一般的になる前は、長期保存には粉末化されていました。
なお、様々な方法で抽出したとしても一つの巣箱から採れるプロポリスは1年で多くても300g程度。
とても貴重なのがわかりますね。
▼またこちらのサイトにもプロポリスについて詳しく書いてあるので参考にご覧ください。