? 生薬の証明!プロポリスの好転反応
プロポリスイメージ

生薬の証明!プロポリスの好転反応

まるで万能薬のようなプロポリスですが、西洋医学的な薬とは違う「生薬」の証明として、副作用が出ない代わりに「好転反応」が起きます。
漢方では一般的であり、「よく効く薬の証明である」とまで言われるので、好転反応は東洋医学でも一般的ですね。
プロポリスでも同じで、よくある症状としては一時的に「尿の色などの変化」「血圧の低下」「湿疹」などが起きます。
もちろんこれは肉体の中の毒素がプロポリスの作用によって外に出ていくために起きるもので、こうした症状が起きた後は急激に回復していきます。
それだけではなく、肉体そのものの免疫力を高めていくので、西洋医学の薬品のように、飲み続けると効き目が弱くなるため量を増やさざるをえないなどの、習慣性や依存性といったものも無縁です。
ただし、プロポリスの成分そのものに対するアレルギーのみは注意です。
それだけはプロポリスそのものが肉体に合わないという事になるので、そうした危険を避けるため、妊婦や乳幼児など、肉体的に敏感な時期の摂取は特に避ける事をおすすめします。
プロポリスが合わない人についても参考にご覧ください。